SNSで探そう!新しいつながり

2020年、新型コロナウイルスの影響で自宅にいる時間が増え、「SNS」を利用する時間が増えて、違う種類の「SNS」を利用しようと思っている人もいるのではないでしょうか。

いろんな「SNS」の種類を簡単にまとめてみました。

Facebook(フェイスブック)

・・・世界一の利用者数(26億人、国内2600万人)。実名登録が推奨されている。リアルな知人との交流に向いている。

 

Twitter(ツイッター)

・・・芸能人や著名人も利用している。つぶやきの文字数制限がある(140文字)。リアルタイムの情報を得ることができる。

 

LINE(ライン)

・・・日本一の利用者数(8400万人)。テキストや電話等のメッセージ機能で、1対1やグループでのリアルタイムなやりとりができる。

 

Instagram(インスタグラム)

・・・画像や動画の投稿がメイン。Facebookと連携ができる

 

mixi(ミクシィ)

・・・日本で一番古いSNS。コミュニティが豊富なので、同じ趣味を持つ人と出会いたい人に向いている。

 

YouTube(ユーチューブ)

・・・Googleが提供する動画共有サービス。 世界最大の動画投稿型のSNS。

 

TikTok(ティックトック)

・・・15秒から1分程の音楽や短尺動画の作成や投稿が気軽にできる。ドラマとのコラボで話題となっている。

 

Note(ノート)

・・・クリエイターが文章、写真、イラスト、音楽、映像等の作品を投稿ができる。

 

LinkedIn(リンクトイン)

・・・世界最大級のビジネス特化型SNS。ビジネス専用のプロフィールを作成してビジネスの繋がりを広げることができる。

 

らくらくコミュニティ

・・・富士通コネクテッドテクノロジーズが運営している50代以上の利用者が多いSNS。専門スタッフが24時間、投稿を監視している。

 

ウィメンズパーク

・・・妊娠や出産、育児等の悩みや相談を共有できる女性特有のSNS。

 

Studyplus

・・・何を、いつ、どの位勉強したかを記録して可視化する学習管理SNS。

 

ここに挙げたものは「SNS」のほんの一部になります。

この機会に、新しい繋がりを探してみてはいかがでしょうか。

素敵な出会いがありますように!

by
関連記事