Facebookの「用語」って何?

世界最大SNSの「Facebook」には、Facebook特有の言葉や用語があります。

何だろうと思いつつ、流していた言葉もあるのではないでしょうか。

そんな方の参考になればと思い、よく使われている言葉を簡単に一覧にしてみました。

ニュースフィード

日本語では、配信された出来事という意味。Facebookを開くと、最初に表示される画面。友達の投稿した文章や写真などが表示される。

 

タイムライン

自分のプロフィール(Facebookでは基本データという)や、これまでに自分が投稿した文章や写真や「いいね!」したWebページなどが表示される画面。

 

タグ付け

投稿した文章や写真に友達の名前を入力すると、その友達に通知がいくという機能。

 

公開範囲

Facebookでは、投稿ごとに、その投稿内容を公開する範囲を決めることができる。

公開範囲は、「自分だけ」「友達まで」「友達の友達まで」「一般公開」の4種類がある。

 

シェア

Facebookの投稿を共有する機能。

 

「いいね!」

誰かがFacebookに投稿した記事に対して、共感したり凄いと思ったりした時に、意思表示をするための機能。

2016年には、ハートマークの「超いいね!」、笑顔マークの「うけるね」、目を丸くした「すごいね」、涙を流した「悲しいね」、怒った表情の「ひどいね」の5種類が追加され、リアクションのバリエーションが広がった。

 

ファン

ページに「いいね!」を押してくれた人のこと。

 

知り合いかも

友達に登録されている人の情報から、共通の友達が多いなどの理由でFacebookが、知り合いの可能性が高い人を表示する機能。

 

「Facebook」用語、どれだけ知っていましたか?

Facebookを使いこなしてもっとSNSを楽しみましょう◎

by
関連記事