SNS疲れの原因と対策

なんだかSNSを見ているのがしんどい…。

この人のことは嫌いじゃないのに、投稿内容がなんだか引っかかる。

そんな経験はありませんか?それ、SNS疲れかもしれません。

SNS疲れとは?

SNSには毎日、様々な情報が溢れています。友人が投稿した美味しいお店だったり、誰かがシェアしたニュースだったり、話題になっている事件だったり…。すっと画面をスクロールするだけで大量の情報を得ることができるSNSは、毎日夢中になって見てしまう人も多くいます。

しかし、それらが少ししんどく感じてしまう。SNSを開いてもすぐ閉じてしまう、SNSをチェックすることに義務感を感じてしまう…。そんな状態になってしまったら、SNSを楽しむことができません。この状態を「SNS疲れ」と呼び、SNSをすること自体に疲れを感じてしまっているのです。

SNS疲れは誰にでも起こる可能性のあることなので、対策をすることで和らげることができます。

 

SNS疲れの原因

SNS疲れの原因は人によって様々です。

・友人と自分を比べてしまう

・投稿した内容に誰からも反応が来ない

・嫌な情報を見すぎて精神的に疲労している

・他者との交流に疲れた

…など

 

これは苦手だと思うことを自分で理解しておくと、ある程度回避することができます。しかしSNSは趣味の範囲なので、疲れているのに無理に続ける必要はありません。

 

SNSに疲れてしまったら?

SNSに疲れてしまった場合、まずはSNSと一旦距離をとることが大切です。例えば、一日中暇さえあれば見ているなら、一日何時間、と時間を減らす。あるいは一日SNSを見ない日を作ってもいいでしょう。

SNS疲れの具体的な原因は人それぞれですが、ひとくくりにすると「SNSに固執しすぎている」ことです。適切な距離を保って、疲れない程度に、楽しいと思える程度にSNSを利用しましょう。

by
関連記事