LINEの「マルチアカウント機能」について

LINEは、基本、ご家族や友人や知人などと「友だち」としてコミュニケーションをとる場ですよね。しかし、「普段使いのLINEアカウントではない場所で、もっと趣味や興味を自由に発信していきたい」という声から、タイムライン上でサブアカウントが使える「マルチアカウント機能」が生まれました。

ここでは、様々な場面で使いわけることができるLINEの「マルチアカウント機能」について、簡単にご紹介します。

【「マルチアカウント機能」とは?】

「LINEタイムライン」上でアカウントを新たに作成して、「LINEタイムライン」に動画や記事コンテンツを無料で投稿できる機能です。

個人アカウントとは別に、オフィシャルアカウントとして運用したり、趣味などを発信するコンテンツのジャンルごとに、アカウントを使い分けできるため、発信の幅が広がります。

【「マルチアカウント」の機能でできること】

《収益化》

クリエイターは、「マルチアカウント」機能で作成したアカウントから、動画コンテンツに広告を掲載して「LINEタイムライン」に投稿します。その投稿の視聴に応じた広告収入を得ることができます。

収益化を行うには、アカウントのフォロワーが500人以上いて、直近1ヶ月間で投稿した動画の再生時間が50時間を超える必要があります。しかし、この2つの要件を満たしていれば「LINE」ユーザーのどなたでも、収益化を始めることができます。

《「セルフプロモート」して集客や流入数を増やす》

「マルチアカウント」は、投稿をより多くのユーザーへお届けすることで、アカウントへの集客や流入数を増やす「セルフプロモート」機能を備えています。

「セルフプロモート」機能を利用すると、ターゲットとするユーザーのフィードにポストをリーチすることができます。ポストする対象は、クリエイター自身がアカウント上で、性別、年齢、地域、興味に基づいて設定することができます。アカウントの友だちが100人以上を超える場合は、自動ターゲットを選定することも可能となっています。

ぜひ、「マルチアカウント機能」を上手く活用してみましょう。

by
関連記事