LINEの「ブロック」と「非表示」に違い

LINEでの「ブロック」と「非表示」の機能、ご存知でしょうか。ここでは、その違いをご紹介します。

 

機能

ブロック

相手からのトークや通話等を受信することができなくなります。また、相手が「友だち」に表示されず「ブロックリスト」に表示されます。相手には通知されません。

非表示

特定の相手を友だちリストから一時的に隠します。トークや通話等の基本機能には何も影響しません。また、相手が「友だち」に表示されず「非表示リスト」に表示されます。相手には通知されません。

※「削除」という機能が別にありますが、それとは違い、どちらも解除すれば、簡単に友だちに戻すことができます。

使い分け

「ブロック」機能は、相手とのLINE上のやりとりを拒絶したいときに使います。「ブロック」の通知はされませんが、相手があなたに送ったメッセージ等は未読状態のままになるので「ブロックをされたのではないか」と疑われる可能性はあります。

「非表示」機能は、友だちを非表示化し、友だちリストを整理できます。

※通知が煩わしいだけの時には「通知オフ」機能が便利です。この機能は、友だちリストはそのままで、トークや通話の通知をオフにします。「通知オフ」にしても相手に通知はされませんが、メッセージに気づかなくなるので注意しましょう。

 

ブロックする方法

(1)ホーム画面から、[友だち]をタップします。

(2)ブロックしたい相手の名前を長押しします。

(3)[ブロック]をタップします。

解除手順

(1)ホーム画面から、[設定]をタップします。

(2)[友だち]をタップします。

(3)[ブロックリスト]をタップします。

(4)ブロックを解除したい相手の[編集]をタップします。

(5)[ブロック解除]をタップします。

非表示にする方法

(1)[ホーム]画面から、[友だち]をタップします。

(2)非表示にしたい相手の名前を長押しします。

(3)[非表示]をタップします。

解除手順

(1)[ホーム]画面から、[設定]をタップします。

(2)[友だち]をタップします。

(3)[非表示リスト]をタップします。

(4)非表示を解除したい相手の[編集]をタップします。

(5)[再表示]をタップします。

 

「ブロック」と「非表示」機能は、どちらも友だちリストから外す機能ですが、間違えると友だちとの関係がギクシャクしてしまうことがありますので注意しましょう。

SNS運用代行にお困りでしたら、エフエーエスにご相談ください。
TEL:052-459-5030

by
関連記事